スキューバダイビングの場合は、シュノーケルと違ってライセンスを持っていなければなりません。正確にはCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンスを取得するのなら、ダイビングスクールでコースを受けるのですが、大体4日ほどで認定されます。
スキューバダイビングの指導団体が安全に潜れるようになるためのカリキュラムを組んでいて、その内容にしたがってコースが開催されます。
PADIというのも、ダイビングライセンスを発行している指導団体のひとつですが、本部はアメリカのカリフォルニアにあります。
日本のダイビングスクールも、やはりPADIに所属しているダイビングショップが多く、特に優良店は5スターというランクになります。
ダイビングショップにも様々な特徴がありますから、ネットだけで見て決めるのではなく、電話をしたり、実際に足を運んで決めましょう。
ショップ主催のダイビングツアーに参加していると仲間がすぐにできますし、彼氏や彼女を見つけてしまうこともめずらしくありません。
伊豆へのダイビングツアーなら、帰りに温泉に入ったり、おいしい海鮮料理が食べれるのも魅力です。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
まずは、体験ダイビングという方も多いですが、やはり楽しみの幅を考えるとかなり制限があることは確かです。
ダイビングを楽しむのにそれほど体力は必要ありません。最近は中高年でダイビングを楽しむ方も増えていますね。

ダイビングを趣味にしていると、海外旅行もより楽しくなりますね。
スキューバダイングをするのには、まずCカードといわれるダイビングライセンスを取得することが必要です。
ダイビングライセンスを取得するのなら、ダイビングスクールでコースを受けるのですが、大体4日ほどで認定されます。
スキューバダイビングの指導団体に所属するインストラクターが提供するコースを無事に終了するとダイバーとして認定されます。
PADIというのも、ダイビングライセンスを発行している指導団体のひとつですが、本部はアメリカのカリフォルニアにあります。
PADIのダイビングスクールを探すのには、PADIジャパンのホームページに載っているショップリストを見ると良いでしょう。
ダイビングショップを選ぶ時は、値段だけを見て決めるのではなく、電話をしたり実際に足を運んでなじみやすい雰囲気のお店を選んでください。
ダイビングスクールでは、様々なダイビングツアーの企画を用意しいるので、お友達もたくさんできてしまいます。
伊豆のダイビングポイントには、ウェットスーツのまま入れる温泉があるところもありますが、最高に気持ちいいですよ。
そして、ある程度実力がついたら海外へも足を伸ばしましょう。グアムのダイビングなら近くてお勧めです。
もし、ダイビングに興味はあるけどいきなりのライセンスは不安というのなら、体験ダイビングでお試しというのも良いかもしれません。
最近は中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもありますから、親子でダイビングを楽しむのも良いですね!